人気ブログランキング | 話題のタグを見る

冬の木立ち(第二段階)

冬の木立ち(第二段階)_c0236929_224428.jpg


毎日の天気予報の気温ばかりが気にかかるこの頃である。この風景画も描き始めてからもう数週間になるが,厳寒のためになかなか制作が進まずにいる。F4号(33,4×24、3㎝)の、それほど大きな物ではないのだが,それでもやはり神経はとがってくる。

小さな画面の密度というのは難しい。ただただ細かくすればいいというものでもない。主役、脇役それぞれの働きもあるし,ヴァルールを高めていきたいというのは大きさに関わらず度の画面でも同じことである。

特にこの絵の場合,木立の扱いをよく考えておかなければならない。幹や小枝の扱いを線的にするところ,面として扱うところ,そしてそれらと空間との関係、木々の間に作られる空間と空とのつながりなどである。

たかだか4号のキャンバスに描き表していく場合でも,画面全体の働きを考えるとやはり視神経と,頭で順序づけるところ,筆のさばきなどの兼ね合いで、それほど簡単には進まないものである。

# by papasanmazan | 2012-02-12 22:37 | 風景画 | Comments(0)

農家とヴァントゥー山(第一段階)

農家とヴァントゥー山(第一段階)_c0236929_19475658.jpg


猛烈な寒さの続くフランス、テレビのニュースでも連日各地の被害が報道されている。今年は大統領の選挙戦だが,それ以上にこの厳寒が大きな問題になっている。少しくらいの寒さなら充分に着込んで外での風景制作を続けるのだが,この何週間かはさすがに室内の静物画が多くなっている。

そんな中、陽がうんと高くなったときを見計らってサムホールの小さなキャンバス(22.7×15.8㎝)にヴァントゥーを背景にした畑の中の農家を描いている。丸い小さな建物が面白く以前から描いてみようと思っていた、

こういった建物が自然と上手くマッチしているのが大変に有り難い。そこに生活そのものがあるからだろう、「つくりもの」という感じがしないのである。寒さの中で春を心待ちにしている人たちがきっとその建物の中にいるのである。

画面にははそういう感情や心情、またセンチメンタルな気持ちなど一切持込むつもりはない。しかし描いている途中、少し退がって全体の画面を確かめていると,かじかんだ指を暖めながら,いやでも冬の寒さが身にしみるのである。


# by papasanmazan | 2012-02-11 19:45 | 小さな絵 | Comments(2)

チューリップ (完成)



チューリップ (完成)_c0236929_11415833.jpg


ようやく一つ落ち着いたところまできたように思う。最初から懸念していた,花の奥にそえた白いビンもなくして画面はスッキリした。その小さな白いビンを消した当初はなにか空しい画面だったが、ようやく密度も整ったようである。


前にも言った様に,花や葉っぱの個々の説明などをしようとは思わない、一枚の絵としての存在感が欲しいのである。結果としては、なんとヘタクソな絵だ,と観る人によっては思われるかもしれない。そういった絵である。


私としては花瓶の直立しているのを強調したかった。その点に関しては非常に満足しているし,この夏にはこの感覚でもってヒマワリにもう一度活気を与えたような画面が考えられるのではないだろうか。

# by papasanmazan | 2012-02-10 11:43 | 静物画 | Comments(2)

チューリップ(第二段階)


チューリップ(第二段階)_c0236929_11383958.jpg


F8号にチューリップと花瓶、その奥に小さな白いビンを添え物にした静物画、それほど難しくないはずなのだが、なんのなんの、これほど悪戦苦闘しようとは思わなかった。普通の意味でいって,形をとり、色を塗っていって明るさと暗さ,奥行き、ヴォリュームなどが保証されてきてできあがってくるはずなのである。


物が表現され,実在感が出てきて充足された空間をあじわうこと、視覚上の錯覚をもふまえて一枚の絵が出来上がるとはそういうことなのだろう。しかしどうしてこうモタモタしなければいけないのだろうか。
理由は分かっている,実在感に対する感覚が違ってきているからである。


たとえば花があり,葉っぱを緑で添え,花瓶を描いて絵を組み立てる、そして物それぞれの基礎的な面付けでヴォリュームをとらえていく。そういった個々の物という考えから隔たってきているのである。一枚の画面という考え,タブローという概念である。


一つの表された画面だけが存在する,と言っていい。これがなかなか理解出来ないのである、だからマラルメの詩が難しく感じるのである。ここを徹底して分かっておかないと、モナ、リザにはヴォリュームは感じるが,源頼朝像にはヴォリュームがない,などという議論に陥ってしまうのである。


画面ということではモナ、リザも頼朝もおなじことである。さてこのてこずっているチューリップ、どうすればいいのか,一つの答えは簡単である。花瓶が立てばいいのだと思う。判断はそこにしかないようだ。

# by papasanmazan | 2012-02-10 11:40 | 静物画 | Comments(0)

チューリップ(第一段階)


チューリップ(第一段階)_c0236929_11331486.jpg


天気予報を見ているとしばらく風が強く,曇りや雨の日が続くようであった。これは外での制作が出来ないのでマズイと思い、あわてていつもの花の卸し農家に行った。


冬場なのであまり種類は多くないが、それでも色彩にかこまれている。ユリのつぼみがあって,これは咲くのにどれくらい時間がかかるの、とたずねたら、三週間くらい,でも咲いたら長持ちする,と言う。


明日からでも描きたいので,これは駄目だというと,チューリップならすぐに咲く、とのこと。大きなつぼみのものを八つ包んでくれた。さてアトリエにおいてある花瓶で,家内がこの間のみの市で買ってきたオランダ製のものに飾ってみた。


昼食が終わり,いつものクセで少し昼寝をしてからアトリエに入ったら、なんとそのチューリップがもう既に満開なのである。なるほどすぐに咲く,と言ったはずである。あわててF8号のキャンバスをもちだした。

# by papasanmazan | 2012-02-10 11:36 | 静物画 | Comments(0)