人気ブログランキング |

<   2020年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ミルク差しとリンゴ


ミルク差しとリンゴ_c0236929_17293889.jpg
フランスでもコロナウイルスが段々深刻な状況になってきて外出制限も厳しくなり、風景画の制作も中断せざるを得なくなってしまった。かなりの都市の封鎖をかいくぐってまだまだコロナの勢いは衰えず、この先どうなるのかと不安が募るばかりである。

仕方なく家と庭で出来るような仕事をこなすようにしている。小さなサムホール(227×158mm)のキャンバスにミルク差しとリンゴを三っつ重ねて構成したものを描いてみた。普通でいうとサムホールの大きさにこれだけのモチーフを納めるのは窮屈すぎて無理な感じがする。

しかしこういうふうに考えてみたらどうだろうか。ミルク差しの口と赤いリンゴの接するアウトラインの形や、リンゴとリンゴの同じくアウトラインや接線も全体の中の一つの要素であり、全体の画面の中ではすべての要素が平等に働いている、それでいてやはりミルク差しは一つの個体、リンゴも個体を保っている、それらを総合して考えていくと一つ一つのモチーフの大きさはあまり問題ではなくなり、全体の中から個体を割り出していくことに目が向いていく、それを訓練していくと小さな画面も楽にこなせるようになってくる。

by papasanmazan | 2020-03-30 23:15 | 小さな絵 | Comments(2)

スミレの花





スミレの花_c0236929_17294605.jpg


先日投稿した庭のスミレはオイルパステルで描いたものだったが、今度はやはり庭でいわゆる普通のパステルを使ってもう一度スミレの花を描いてみた。現在フランスでは全国でコロナウイルス対策のための外出制限令がしかれて、できるだけ家から出ないようにとのことである。そのため室内で静物を描いたり、パステルの制作に切り替えざるを得ない状態で、途中でストップしている風景画が何点かあるが、それも現状を考えると仕方ないのだろう。

オイルパステルとは違ってパステルはかなり輪郭を明確にできる、それをふまえて小さい花ながらもスミレの花の形態を細かく追ってみた作品である。別に取り立てて意味はないのだが紙の地色も違えて違みた。

by papasanmazan | 2020-03-25 17:51 | パステル | Comments(0)

白い道

白い道_c0236929_20095403.jpg


以前は一つのシリーズのようにして描いていた白い道、家から目と鼻の先の小さな見晴らし台から見える、マザンの村につながっていくS字型の道を中心にした風景画を久しぶりにP15号の大きさの油彩画にしてみた。


車が通ると白い砂ぼこりがもうもうと立ち上っていたこの道も今ではきれいに舗装され、周りの私道にも糸杉の並木が植えられて随分整った景観に生まれ変わっている。まだまだ自然がいっぱい残っているこの辺りではあるが人工的な感じが押し寄せてきている。

それでも初春の柔らかな美しさに魅せられて、新しく加わった糸杉なども取り入れて制作したみた。

by papasanmazan | 2020-03-21 18:55 | 風景画 | Comments(2)

花瓶のある静物





花瓶のある静物_c0236929_20092968.jpg

以前F4号のキャンバスにシロップの瓶を中央に置いて、その背景にリンゴ三つ、皿、そしてワイングラスを組み合わせた静物画を描いたことがある。この構図が頭から離れなくて、いずれモチーフを選び直してもう一度この構図を試してみようと思っていた。

縦であれ横であれ中央で二分するのは避けた方がいい構図とされている。真っ二つに分かれてしまって動きがつかなくなるからである。また目の働きも止まってしまって退屈になってしまう恐れがある。

へそ曲がりなのかもしれないが、あえてこの禁じ手を使ってみたかったのである。今回は中央に白の花瓶、リンゴは赤が二つ、青いリンゴを一つにした。シロップの瓶は深い赤だったが花瓶は真っ白なので、リンゴで色を増やそうと思った。背景の布も今回は積極的に生かすようにしてみた。F6号の大きさである。

by papasanmazan | 2020-03-15 07:55 | 静物画 | Comments(2)

庭のスミレ

庭のスミレ_c0236929_20093977.jpg


春の庭には白と紫のスミレがいっぱい咲いている。小さな花だが足の踏み場もないくらい咲いているところもある。陽のあたったところ、風に吹かれてそよいでいるところ、なんともいえず可愛いい姿である。

いつもと違って今回はオイルパステルで描いてみた。普通のパステルよりももっと油こくって、ボッテリしたあじわいのパステルである。ひらったくいえばクレパスであるが、クレパスというのはサクラの商標である。

オイルパステルはあまり細かい描写にはむかないと思う。輪郭の強さや切れ味などをねらうのではなく、ふんわりとした柔らかさや、ぼかした味わいを出したい時にはよくマッチする画材である。春の庭ののどかな中のスミレの、どちらかというと雰囲気を出してみたかった。

by papasanmazan | 2020-03-12 03:49 | パステル | Comments(0)

赤い森の岩と木




赤い森の岩と木_c0236929_17444667.jpg


赤や橙色、黄色で覆われた森の中で良く仕事をする。あまり人から理解されない画面ばかりが出来上がるのだが、次から次に描きたいモチーフの場所が見つかって、あきもせずにこの色の世界に取り組んでいる。

これはとにかく純粋に色と形の世界であって決して言葉やストーリー、説明の要素はない。つまり感情の入る余地のない仕事なのだと思う。自分としてはこの世界が一番好きである。絵画の本質をついていけそうな気がするからである。よそ目からすると本当に何をしているのか、ただ退屈なだけの絵の連続に過ぎないのかもしれない。

今回はF12号を縦型にしてみた画面である。奥の森の緑が幾分以前より軽くなってきたようである。

by papasanmazan | 2020-03-10 00:25 | 風景画 | Comments(2)

アーモンドの花とヴァントゥー山


アーモンドの花とヴァントゥー山_c0236929_22305135.jpg

アーモンドの花が咲いているうちにヴァントゥー山を取り入れてパステルを描こう、描こうと毎年思っているうちに、いつの間にか時の過ぎる方がはやくて時期を逸していた。

今年はコロナウィルスなどもあって家の近くで描くことが多く、パステルでアーモンドを描く機会でもあった。それでヴァントゥー山との取り合わせも実現したわけである。比較的大きなパステルにしてみた。

花と山というとなんだか桜と富士山といったような俗なものを連想して嫌なのだが、できるだけ自分の表現に持ち込めるような場所を選んで制作してみた。アーモンドの花といっても遠くからみると桜と区別はほとんどつかず、それだけに少し神経質な制作になったかなと思われるが、最初から最後まで気持ちのいい進み具合だった。


by papasanmazan | 2020-03-06 19:36 | パステル | Comments(0)

ヴァントゥー山とマザンの村

ヴァントゥー山とマザンの村_c0236929_22272211.jpg


南フランスの巨人といわれるヴァントゥー山も色々な角度から絵にしてきたが、我が家の目の前の野原からマザンの村を見渡して、その背景になるヴァントゥー山の全景もすばらしい。やはり南仏に越してきてからの風景画
ではこの場所が一番数が多いだろう。

このヴァントゥー山は南フランスで唯一のスキー場なのだが、地球温暖化のせいで昨年、今年と二年連続で雪がなく、スキー場も閉鎖であった。家から手軽に行けるのでスキー大好きの家内は毎年楽しみにしていたのだが、落胆続きの冬である。来年を待つしかない。

F4号のキャンバスにまた新たにこの風景を描いてみた。いつもと同じ構図なのだが、そういえば真冬のこの景色を油彩にするのはあまりなかったように思う。

by papasanmazan | 2020-03-04 17:02 | 風景画 | Comments(2)