<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬のヴァントゥー山と白樺林





c0236929_20490636.jpg



芭蕉の発句も難しいが連句となるとなかなかとっつきにくく、大変に好きなのだが時間をかけて少しづつ慣れるようにしている。最近はそれでもかなり面白さが分かってきたようである。そのなかでも芭蕉七部集の幸田露伴の評釈が大変に勉強に役立ってくれる。今秋の一時帰国した折に日本から持ち帰った本のなかにつめていたものである。七部集のそれぞれの名前もいいが、今の季節を踏まえて〔冬の日〕をよく読んでいる。


それを特に意識したわけでもないが冬の日のヴァントゥー山と、手前に広がる白樺の林を構成材料にしてF8号のキャンバスに描いてみた風景画がこれである。いままではなんとなく白樺の木や林などを描く時に硬くなっていた腕が最近はようやく自由さを得てきたようで、軽く、楽しみながら画面に溶け込ませるようになってきた。木の幹の白さにこだわりすぎていたのであろうか,木や林全体を一つの要素に考えていくと急に色面としての役割が強まったようである。


別に読書が自分の仕事の絵画に特別に役立つのかどうかは分からないが、趣味としては音楽を聴くのとともに本を読むのも大変に好きである。




[PR]
by papasanmazan | 2017-12-25 02:29 | 風景画 | Comments(2)

リンゴと湯のみ





c0236929_00400054.jpg



フランスサイズのF2号の大きさに静物を構成してみた。日本ではあまり2号という大きさのキャンバスを使用しないし、またフランスサイズと日本サイズとは若干寸法が違ってくる。それで日本で額縁を調達する時にフランスサイズのキャンバスを用いていると大変面倒なことになる。これは戦前、日本が尺貫法を採用していたのを戦後メートル法に換わって、変わったのはいいとしてかつての実寸をそのままにメートル法に換算したために端数が出てきた、その端数の分がフランスサイズとの誤差になってきて、たいへんややこしいことになるのである。


ともあれこれは3号とサムホールの間の小さな画面である。そこにふたつのリンゴと湯飲み、それに布だけの単純な構成で、出来るだけ実在感のある静物画を目指してみた。実在感といってもモチーフになる対象物の、いわゆる質感や形態などの個々の真実味に迫っていこうというのではなく、画面全体としての存在感、絵そのものが存在しているといったような実在感のことを意図してみたものである。


結果的には単純化がすすんできているようで、あまり表面の美しさなどには目がいかなくなってきた。これはいいことなのかどうか、これからの判断になってくると思う。





[PR]
by papasanmazan | 2017-12-20 04:03 | 小さな絵 | Comments(2)

秋色のこぎり山





c0236929_19023887.jpg


日本での個展がおわってフランスに戻ってみると、まだ秋の景色である。例年よりもかなり早い時期に見る晩秋の色彩はなにか悲しみを感じさせるような美しさである。


こころなき身にも哀れは知られけり、鴫立つ沢の秋の夕暮れ   西行


以前からこのような秋の、とくに晩秋の色を強調した絵を描いてみたいと思っていた、はからずも家に帰ってすぐに目にした風景がまさしく思わくどうりなのでさっそくF4号の小さなキャンバスに制作してみた。





かなり省略ができるようになっていると思われる作品になった。

[PR]
by papasanmazan | 2017-12-17 20:02 | 風景画 | Comments(2)