人気ブログランキング |

カテゴリ:パステル( 92 )

立ち葵


立ち葵_c0236929_21343732.jpg


昨年の日本での個展で立ち葵のパステルを二点出品したが、今年も一点、やはりパステルで描いてみた。昨年は立ち葵の花が道端などになかなか咲いていず、モチーフを探すのに苦労したが、今年は沢山咲いている。花の色もかなり濃い色のが見つかった。


昨年の二点もパステル画としては大きい部類のものだったが、今年はもっと大きく,330×576㎝、と細長いものを縦型に使った。昨年からのねらいで、この次は背の高い、いかにも立っている感じの立ち葵を考えていた。

実際の制作はすべてスケッチをもとにしている。アトリエでの制作で、落ち着いたリズムで描いていけるが、この大きさのパステル画に表現しきるのはかなりの苦労だった。赤、白,濃い赤の花のそれぞれのバランスなどを見るのに何度も遠くから画面を眺めたり、紙の地の色とパステルで彩色した部分との総合など、相当に時間のかかった制作になった。








by papasanmazan | 2020-06-22 23:22 | パステル | Comments(2)

百合と金魚草


百合と金魚草_c0236929_23121582.jpg


今年は咲かないと思っていた黄色の金魚草が遅まきながら顔を出した。それも百合の花が咲いている大きな鉢の中にである。オレンジ色の金魚草もまだその鉢に咲いている。面白い取り合わせだと、これはすぐにパステルを用意する。

グレー地の紙に描き出すが、百合も金魚草も共に難しい形である.しかし色彩のきれいさに癒されて楽しい制作である。花の暖色に対して葉っぱの緑をうまく対比させながら全体の統一を図った

花は絵のモチーフには欠かせないものだが、組み合わせや表現の範囲を考えていかないと陳腐なものになる恐れがある。







by papasanmazan | 2020-06-13 00:53 | パステル | Comments(0)

黄色いバラ






黄色いバラ_c0236929_02343642.jpg


中学生だった頃ウェスタン映画のリヴァイヴァルブームで、その時にジョン・ウェインの黄色いリボンを見て好きになった。もっと後に邦画の、高倉健や倍賞千恵子の幸せの黄色いハンカチも記憶にある。

もちろんゴッホのひまわりや、燃える太陽も黄色の印象が消えない絵画である。ゴーギャンのブルターニュ時代の絵も黄色がうまく使われていると思ったことがある。

しかし黄色は絵を描くのにあたって難しい色だという感じを私は持っている。黄色だけが独立してしまって、他の色との調和をはかりにくいような気がいつもするのである。

それほど黄色に神経質になるわけではないが、庭の黄色いバラをパステルで描いてみたのだが,下地の紙を選ぶのにかなり迷った。こげ茶色の紙である。

by papasanmazan | 2020-06-03 08:29 | パステル | Comments(0)

深紅のバラ





深紅のバラ_c0236929_02342485.jpg


庭ではバラの花が満開である。赤、ピンク、黄色、そしてつるバラの白など色とりどりである。そこにもう一つ深紅のバラもある。この色のバラは今まで描いたことがなっかった。今年初めて描こうと思うのだが紙の色がなかなか決まらない。

おもいきって深紅の暗い感じを黒地の紙に合わせてみようかと随分考えたのだが、どうしても陰気なものにしか仕上がりそうになく断念した。アイデアとしては捨てがたかったが、ほとんど地の黒に深い赤がのみ込まれそうで危なかった。

他にいつもつかうローズ系統の紙なども考えたが、花が妙に浮き上がりそうで、深紅の花の落ち着きがなくなるのではないかと、これもアウト。

最終的にはいつものごとくグレー地になった。これは無難だし、落ち着きもある。

花は一つにして,葉っぱはできるだけあっさりとさせることにした。ほとんどは花一つだけで見せれるようなものを心がけた。

by papasanmazan | 2020-05-31 03:09 | パステル | Comments(2)

シャクヤク






シャクヤク_c0236929_19062391.jpg


毎年、我が家の庭に大きな花をたくさん咲かせるシャクヤクが、どうしたことか今年は蕾が一つだけしか出てこない。ズーッと待っていたのだが、その一つだけの花がようやく開いた。

この二、三年シャクヤクは描いていなかったので、今年は必ずパステルにしようと紙まで用意していたのだが、花が一つだけではどうしようもない。しかたなく近くの花の直売をしているところに行ってシャクヤクをわけてもらってきた。

いつもは沢山の種類の花を置いているこの直売所もコロナの影響でようやくシャクヤクだけが置いてあった。

家に持って帰って、さっそく大きな花瓶に挿してパステルにしてみた。描いてみて、庭で生の花に直面して描くのと、アトリエで切り花を描くのとでは表現にそれ程変わりはないとは思うものの、私は庭で描く方が好きである。

by papasanmazan | 2020-05-24 15:07 | パステル | Comments(2)

ポインセチア





ポインセチア_c0236929_19555396.jpg


二階が生活の場になっている我が家の玄関口に重い石造りの植木鉢が置いてあって、そこに一本だけなのだが大きな花のポインセチアが植えてある。これも毎年真っ赤な花を咲かせて楽しませてくれる。

この重い鉢をなんとかアトリエまで引きずり込んできて、一息ついてからパステルで描いたのがこの作品である。花を主体にして葉っぱは従である。そうしないと赤と緑の色彩も半々、花と葉っぱの面積も半々になって、まるで真二つに分かれた画面になってしまう。

そういいながらも描いている途中では葉の複雑さも面白いなと、色気が出てきたりする。ここはコロナウィルスと同じで自粛しておくのが賢明である。

by papasanmazan | 2020-05-06 02:42 | パステル | Comments(2)

バラの花






バラの花_c0236929_19554225.jpg

庭のバラの花も満開である。花の絵を描くといえばバラが一般的で、油彩や水彩などのモチーフによく使われている。色もとりどりで、豪華な感じや清楚なもの、かわいいもの、等々目を楽しませてくれる。


その中のピンクの花とつぼみとを小さな細い花瓶に挿して食卓に飾ってみた。これもパステルだなと思って茶色の地の紙を用意した。この紙には以前にも赤いバラを描いたことがある。。あの時はオイルパステルだった。

今回は普通のソフトパステルで、持ち味の柔らかい感じを出そうというねらいである。

by papasanmazan | 2020-05-02 16:50 | パステル | Comments(0)

金魚草





金魚草_c0236929_19552195.jpg


どこからやってきたのか庭に金魚草が咲いている。以前はもっと黄色い花も咲いていたのだが、この数年はオレンジ色系統のものだけになってしまっている。でも毎年咲いてくれて目を楽しませてくれるので有り難い。

このごろこの花をパステルで描かなくなっていたが、久しぶりで今年は小さな紙に描いてみた。実は何年か前にこの花をたくさん描きすぎて少々食傷気味だった。しかしこの花の形は大好きである。

複雑な形ではあるが,描き込んでいくにしたがって目の前に泳いでいる金魚が浮かんでくるようで、小さな実現の第一歩を味わえるから楽しいのである。

by papasanmazan | 2020-04-30 03:25 | パステル | Comments(0)

アイリスとリラ




アイリスとリラ_c0236929_19553296.jpg


毎回の書くことがコロナウイルスになってしまうこの頃だが、外出制限令がでているフランスではなかなか落ち着いて戸外に飛び出し絵を描くことが出来ず、どうしても小さなパステルやアトリエでの静物画の制作にかたよってしまう。

日本の動向をニュースで見ていると人と出が観光地で多かったり、買い物客でにぎわっている場所があったりして、いったいこれでこれから大丈夫なのだろうかと,遠く離れたフランスから危惧した目で眺めている。

先日タイムの花を描いたパステルについて投稿したばかりだが、その小さな粒つぶの様な花が面白かったので、これも庭に咲いているリラ(ライラック)の花を切って花瓶に挿してみた。そしてもっと中心の軸になるように家の門に咲いているアイリスも添えてみた。

いまどこの家にもアイリス、そしてピンクや白のリラが花盛りである。どこにコロナがあるのだろうかと一瞬不思議な気がする。

by papasanmazan | 2020-04-25 21:02 | パステル | Comments(0)

チューリップとタイムの花




チューリップとタイムの花_c0236929_21215871.jpg


これも庭に咲いているチューリップとタイムの花をパステル画にしたものである。タイムの花を描くのは初めてである。庭のあちこちにタイムがはえていて、この時期には小さな薄い紫の花が咲いているが、今まで描こうとは思っていなかった。

黄色のチューリップも初めてパステルにしたものだが、この二つの取り合わせをコロナウイルスのおかげでゆっくり観察した結果、作品にできた次第である。

タイムのような粒のように見える花の効果はこれで良く分かってきたので、もっと他のモチーフも広がっていくのではないかと思う。


by papasanmazan | 2020-04-22 17:55 | パステル | Comments(2)