カテゴリ:風景画( 342 )

バルーの城と糸杉


c0236929_18251483.jpg


バルーの城に近づいた急斜面にオリーブの畑があって、そのむこうには岩山が見えている。ところどころに糸杉が立っていて風景全体に垂直感が強くでている場所で最近はよく制作するようになった。一度その場所でイーゼルを立ててみると次から次へと絵心を誘うような景色が見えてくるものである。不思議なもので今までなんとなく見ていたものが急に意味ありげなものになってくるのである。


フランス語の見るという動詞にvoirというのがあって、これは大変に日常的によく使う言葉であるが、ただ見る、という意味だけではなく分かる、理解する、という意味ももっている。普通に見るという時にはこれも一般的にregarderという動詞もあるし、理解するというのにはcomprendreというのもよく使う。しかしvoirには二つの意味があって、その時々で使い分けるのだが、風景などをよく見ていると段々と以前とは違って何かくっきりとしてくる時がある、すなわちその風景を理解しだすのである。


そうなってくるとその場所での制作が連作とは言わぬまでも、だんだん二枚、三枚と続いていくことが多い。このF10の風景画もそういう制作の中の一つである。このあたりの崖や岩山全体ももっと描いてみたいと思っている。





[PR]
by papasanmazan | 2019-01-09 20:15 | 風景画 | Comments(0)

ヴナスクの教会


c0236929_18252263.jpg


ヴナスクはフランスの美しい村に選ばれているところで、ところどころ岩盤が目をむいたように現れて、松林に囲まれた小高い丘の上にある小さな村である。遠くから見える全景は美しい流れを作り、教会は特にその中で目を惹かれる建物である。その教会は何度も描いているが、先日久しぶりに行ってみると、教会の入り口付近をおおっていた大きな菩提樹の木が切り倒され,すっかり景観が変わっていた。

菩提樹には気の毒な話かもしれないが,絵にするには随分と描きよくなっていた。姿のいい菩提樹ではあるが教会の建物の構造を現すにはかなり邪魔な要素であった。そしてその木のためになんとなく画面がしまりがなくなり、アイマイな感じがいつまでも付いてまわっていたものである。


そのスッキリした姿を見てこれはかなり決定的なものが描けそうな気がした。翌日さっそくP12号のキャンバスを用意して、いつもイーゼルを立てる制作場所、墓場の隣に出かけて描いたものである。冬の景色で余り明るい色はないが、色彩の調和を考えながら完成させた作品である。




[PR]
by papasanmazan | 2019-01-05 02:08 | 風景画 | Comments(2)

崖の風景


c0236929_18252955.jpg


明けましておめでとうございます、今年も制作した油彩や水彩などを少しづつアップしてゆきますので、よろしくお願いいたします。

新作はF20号の油彩、崖の風景である。なにも崖っぷち、というような自虐的な意味ではなく、この崖を懸命に登り詰めたところに何か新しい、素晴らしいものが待っている、そこに到達するための日々の努力をおこたらないようにしたい、そういったモチーフとしての崖である。正月そうそうシャレでもないが、命ガケの油彩画かもしれない。


仕上がりも粗い感じを残すようにした。自分でもためらったのだが、途中まではわりあいスムースな制作で、画面としてもおとなしく柔らかな色調だったが、仕上がっていくにつれてあらっぽい筆触になっていった。油彩の制作にペインティングナイフを使うことはまったくなく、絶えず筆だけの、それもどちらかというとやわらかい筆を使うことがほとんどの制作なのだが、今回のこの作品はまるでナイフを使ったような制作になった。

西洋の物質感を代表する、たとえばクールベのエトルタの岩のような表現は、いかにも写実のきわみのような生々しさを見せ付けられるが、自分としては日本を代表して雪舟の山水長巻の岩の重層の表現にひきつけられるのが正直なところである。そういうこともあってか以前からナイフを使ったような制作はあまりしたことがない。今回のこの崖の作品は何か一つの転機になっていくのかもしれない。



[PR]
by papasanmazan | 2019-01-01 23:02 | 風景画 | Comments(2)

バルーの坂道


c0236929_21530902.jpg


バルーという村にある城はすでに方向を変えたり季節が違った作品をかなり描いている。家から車で10分位の距離でもあるし、小さいながらこれだけまとまった城はプロヴァンス地方にそうざらにあるものではない。ロワール川周辺や、ドルドーニュ地方の数々の有名な城とはまた違った味のある城である。

このバルーの町もこじんまりしているが、城のある高台から見下ろすとオリーブの林に囲まれ、松並木があちこちに見られる静かで、日当たりのいい村である。オレンジがかった屋根の連なりが特に美しい。この村に入っていくのに、松の木が連なった急な坂道を通っていく。

この坂道も何度もキャンバスを変えて描いてきた、自分にとっては離れがたいいいモチーフである。今回は役75×35cmの細長い特別寸法のものを使って描き上げたものである。この油彩作品はじつは二年ほど前に描き始めたものだが、順調に制作ははかどっていたのが、途中で急に描く姿勢があやふやになって中断してしまっていた。

何度もアトリエで見直して、気を取り直して制作を再開するのだが、どうにも進まないままになっていた。。こういう時に年齢をとるというのか、経験をつむというのか、制作に間を持たせることが出来るようになってきたように思う。


今秋の日本での個展の後、フランスに戻って,真っ先にこの作品は出来上がると確信した、その気持ちの据わったところで出来上がったものである。





[PR]
by papasanmazan | 2018-12-25 23:20 | 風景画 | Comments(2)

赤い岩

c0236929_02430061.jpg


好きな色は何ですか、と問われたらなかなかすぐには答えられないと思う。どうしてかというと絵画の制作をしていると画面全体を出来るだけ同時に、また部分、部分を同じ価値と考えながら進めていくので、どの色が大切、どの色が不必要などとすぐには判断出来なくなってくるからである。つまり色と色との関係が大切なのであって、一つの色だけを取り出すわけにはいかないのである。


しかしそういっても魅かれる色がある、私は特に赤に目がひきつけられることが多い。一面に咲き渡ったコクリコの畑を見たり、ザクロの実が緑の葉っぱの間からあちこちにぶら下がっていたりしているのを見ると我を忘れて声を出したりして、家内によく笑われたりする。やはり好きな色はと問われたら、赤、と答えるだろう。


赤い岩や赤い森、赤い道もよく絵にしてみたいと思う題材である。南仏に越してきて初めてルシオンの赤い風景を見たときは衝撃的だったが、現在はもっと近くのオーゾンの辺りに散在している赤い森で満足ている。今回はその赤い森と細い道をM10号の細長いキャンバスを縦型に使って描いてみた。岩の組み合わせが面白いと思う。


秋の個展のご案内☞ https://artakaya.exblog.jp/29771643/ 









[PR]
by papasanmazan | 2018-10-16 21:51 | 風景画 | Comments(2)

ゴルビオの村


c0236929_03340398.jpg


骨休めのために家内と二人でコート・ダジュールの海岸方面へ出かけてきた。エズやニース、モナコどこに行っても思っていたとうりのスノブの典型の観光地である。人ごみや雑踏の苦手な者にとっては何がこれほど人をひきつけるのか理解できない現象である。エズと江ノ島には大差はないといっていい。


そのような思いの中でモナコからマントン寄りの少し奥地に入った所、リヴィエラの町を見下ろすゴルビオの村の景色にめぐり合った。かなりくねくねと山のほうへ車で登っていくのだが、その村も、そこから見下ろす景色も美しかった。なんだかどこかで見たような場所だなと思いながら村の中を散策していると、古い映画のスチールやポスターなどが貼ってある。よく見てみるとヒッチコックが監督で主演がケーリー・グラントとグレース・ケリーの〔泥棒成金〕である。一度見たことのある映画で、そういえばケーリー・グラント扮する宝石泥棒の家のベランダから見える風景がゴルビオの村の全景なのである。その映画を見た時に、これは南仏のどのあたりなんだろうと興味がわいたものだったが、その実景にでくわしたのである。


村を巡りながら絵の描けそうな場所を探す、やはりそのポイントは墓場にあった。いつも言うことだが、大体どの村に行ってもまず墓場の位置を確かめると良い。そこからの風景はその村全体を見渡せることが多いからである。ゴルビオもそうだった、水彩一枚を描き上げて、スノブにあてられた気分もようやく解消した次第である。


秋の個展のご案内☞ https://artakaya.exblog.jp/29771643/ 


[PR]
by papasanmazan | 2018-10-15 09:42 | 風景画 | Comments(0)

ベル・ヴューからのヴァントゥー山



c0236929_03343626.jpg


今年の八月末に新しい制作の場所を見つけた。といっても以前に何度か探しに来ていた所なのだが、そのたびに余りに雄大すぎて,とても絵にまとめ上げることが難しいと思っていた。眺望はすばらしく申し分ないのだが、こちらの腕が足りなかったのだろう、今年もう一度見なおしてみて、非常に制作欲に駆られてきたのである。


ベル・ヴューという地名や名前は美しい眺め、といった意味で、どこにでもお目にかかるが、ここはベル・ヴューというキャンピング場で、高台の一番上のところにある、したがって眺めはヴァントゥー山を真正面にすえて四方、八方、真に素晴らしい。特に山裾の傾斜が畑につらなってくる流れが魅力的なのである。以前はその当たりが良く理解できていなかった。


午前にF20号、午後少し位置を変えてM15号を制作していたのだが、他の作品との関係もあって今年は午後の分だけが完成した。横に細長いキャンバスで、全体のパノラミックな感じを出してみたかった。



秋の個展のご案内☞ https://artakaya.exblog.jp/29771643/ 








[PR]
by papasanmazan | 2018-10-14 16:10 | 風景画 | Comments(1)

バルーの松林


c0236929_23371280.jpg


F8号のキャンバスにバルーの松林の中に姿を見せている南仏風の家々を描いてみた。松林の緑と建物のオレンジがかった色彩の対比が美しく、それにあわせて松の木々の幹やその間の複雑な色の組み合わせに惹かれたものである。


それほど主題の中心になるようなものがあるわけではなく、全体の響きだけを頼りに制作を重ねなければならない。どのような制作にも忍耐は必要だとは思うが,この絵のようにこれといった手がかりのないようなものは特に自分の制作の過程をよく見張っていかなければならない。

ここでもヴァルールという言葉を使っていいわけである。たえずヴァルールに気を配りながら、と言うよりほとんどヴァルールだけを頼りに仕事を進めていく、割合に根気の必要な制作である。


秋の個展のご案内☞ https://artakaya.exblog.jp/29771643/ 





[PR]
by papasanmazan | 2018-10-07 18:20 | 風景画 | Comments(2)

バルーの城遠望


c0236929_18321868.jpg


以前からバルーの城を遠望して、前景の丘や畑などと組み合わせたものを描いてみたいと思っていたのだが、ようやく今年の夏になってその場所が見つかった。いつも通っている道から少しそれたところで、その場所が見つかるとまた描いてみたいようなモチーフがいくつか増えてくる。

緑が多く、自然が沢山残っているフランスは私にとって大変に有難い制作の場である。まだまだ恵まれた自然の中でイーゼルを立てながら、生きた美しい風景画を描いていきたい、そのためにも日常の生活をしっつかりしなければと思っている。


12号のキャンバスで長辺と短辺が2対1の、細長い特寸のものを使って描いてみた。バルーの城自体は今までに何度も手がけているのでその構造は良く分かっている、それを遠望するのでどのくらいの描写度が必要なのか、それが全体の風景として成り立っていく上で判断しながら制作を進めていった。ある時は少し城の細部を描き込みすぎたり、説明過多になったりしたが、そのつど元に戻していくような、そういった繰り返しで仕上がっていった。手前の畑などもやはり細かすぎる描写を最後には大きく、一面の抜いたような色彩にとらえ直して完成したものである。




[PR]
by papasanmazan | 2018-09-25 20:15 | 風景画 | Comments(2)

マザンの教会


c0236929_18322626.jpg



F3号の、比較的小さなキャンバスに、自宅からすぐ近くの場所のワイナリーあたりから見たマザンの教会を描いてみた。この場所ではよく制作しているのだが、教会を手前に大きく扱った構図は初めてである。この場所はマザンの村を紹介するのによく写真などで使われているところで、眺めは非常にいい。全体に俯瞰するような眺望がお勧めなのかもしれないが、教会をアップするのは今まで気がつかなかった。


なるほどこういうふうに教会の建物を前面にもってくると、写真だとかなり窮屈な構図になるのに違いない、そういう点、絵画は自分の目と腕を使って画面を組み上げていくことが出来る。名実ともに構成する、という言葉があてはまるわけである。


少し私道に入れてもらって、距離をとりながら描いた作品である。もちろん持ち主の人に会ったら許可を得るようにしている、今までいやな顔をされたことはないし、どうぞ、どうぞといってくれるのが一般である。




[PR]
by papasanmazan | 2018-09-23 17:41 | 風景画 | Comments(2)