人気ブログランキング |

カテゴリ:展覧会( 17 )

=2015年秋の展覧会のご案内=

兵庫県・芦屋での個展が18日(水曜)からはじまります。
沢山の方に見に来ていただけると幸いです。

c0236929_10583691.jpg


2015年
11月18日(水)~11月24日(火)

プロヴァンスの輝き

芦屋(兵庫県)Ashiya Gallery FUJI ぎゃらりー藤 にて

住所:〒659-0084 兵庫県芦屋市月若町8-6    TEL: 0797-22-3826

プロヴァンスの風景を中心に油彩・パステル約25点を展示・販売いたします。
お気軽にお立ち寄りください。期間中、作家が来場いたします。

c0236929_1059265.jpg

 A.M.11:00 ~ P.M.7:00    11月 24日(火)最終日は P.M.5:00 まで
地下駐車場の台数は限られております、前もってお電話下さい。近くにコインパーキングもございます。

by papasanmazan | 2015-11-17 13:30 | 展覧会 | Comments(2)

新春ごあいさつ。

c0236929_18511588.jpg


明けましておめでとうございます
本年も少しずつ制作した作品などを観ていただければ幸いです、どうかよろしくお願いいたします。

昨年末、芦屋と横浜での二つの個展を無事に終え、12月14日にフランスに戻りましたが、年齢のせいもあり、家内ともども疲れ果てていました。しばらくはなにも出来ないような空白状態でしたが、ようやくいつもどうりの日常生活になり、クリスマス、新年と日が重なってきています。

ブログの更新も出来ずにいますが、制作のほうは順調に進んできています。いつもの癖で、静物画、風景画取り混ぜて、現在十点の作品を並行して描き込んでいます。

いつも日本での個展を終えてフランスの戻ると、ひとつのステップをふまえた制作の転機というのを感じるのですが、今回はそれがとりわけ強く、個展の最中から帰仏後の制作ばかりで期待が膨らんでいました。あにはからんや、いったん制作に戻ると、いつも以上の充実したものに満たされ、ほとんど制作の集中だけで日常生活が過ぎて行っているような状態です。

そのうちにはボツボツ仕上がっていく作品もこのブログをかりて見ていただけるかと思います。
散らかったアトリエですが、いつもこんなものです。

by papasanmazan | 2015-01-01 18:46 | 展覧会 | Comments(4)

=横浜での個展のご案内=

横浜での個展開催中です。
今回は大変広いところ(160㎡)での個展となり大きな作品も並べる事が出来き、ゆったりと落ち着いた雰囲気です。
広い会場で自分の絵をじっと眺めることも大変良い勉強になります。
今後の制作をどう進めていくかもじっくり考えることのできる良い機会だと思っています。

出来るだけ多くの方に見ていただけると嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0236929_9481411.jpg


             モルモワロン全景                  油彩 M30号


2014年
プロヴァンスの光と風
12月2日(火)~12月7日(日)まで
横浜 FEI ART MUSEUM 

プロヴァンスの風景を中心に油彩・水彩・パステル約50点を展示します。
広く、落ち着いた空間の会場ですので時間をかけてゆっくりご観賞いただけます。
お気軽にお立ち寄りください。    ✻期間中、作家が来場いたします。✻





c0236929_949630.gif



FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
電話:045-411-5031 / Fax:045-411-5032
時間:10:00-19:00
休日:月曜・祝日休み  ✻入場無料✻


c0236929_6231987.jpg




にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
c0236929_6234947.jpg
c0236929_6242819.jpg
c0236929_6245370.jpg

by papasanmazan | 2014-11-29 10:04 | 展覧会 | Comments(0)

兵庫県 芦屋での個展が近づいてきました

c0236929_17331740.jpg

                  サン・ディディエの教会            油彩 サムホール



兵庫県・芦屋での個展が近づいてきました。明日搬入いたします。
沢山の方に見に来ていただけると幸いです。

2014年
11月22日(土)23日(日)24日(月)の3日間限定のプチ個展 

プロヴァンスの風

芦屋(兵庫県)  Ashiya  Gallery  FUJI ギャラリー 藤 にて

プロヴァンスの風景を中心に油彩・パステル約25点を展示します。
お気軽にお立ち寄りください。期間中、作家が来場いたします。

c0236929_472833.jpg

c0236929_48996.jpg


c0236929_494920.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
by papasanmazan | 2014-11-20 17:42 | 展覧会 | Comments(0)

=個展のご案内=



c0236929_12565576.jpg

             モルモワロン全景                  油彩 M30号

2014年
プロヴァンスの光と風
12月2日(火)~12月7日(日)まで
横浜 FEI ART MUSEUM 

プロヴァンスの風景を中心に油彩・水彩・パステル約50点を展示します。
広く、落ち着いた空間の会場ですので時間をかけてゆっくりご観賞いただけます。
お気軽にお立ち寄りください。    ✻期間中、作家が来場いたします。✻

c0236929_2375461.gif

c0236929_2373914.gif


FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
電話:045-411-5031 / Fax:045-411-5032
時間:10:00-19:00
休日:月曜・祝日休み  ✻入場無料✻

by papasanmazan | 2014-04-21 23:18 | 展覧会 | Comments(0)

横浜【ギャルリーパリ】での個展

c0236929_10271537.jpg


1週間にわたる横浜での個展を終えて大阪に戻ったばかりである。
横浜は初めての場所で、何かと不安を抱えての個展だったが、環境・画廊の広さ・採光などの条件は思っていた以上に整っていて、絵を飾り付けるのにもそれほど迷うようなこともなかった。
実際にふたを開けてみても、以前からの私のお客様や、通りすがりに入って来られた見ず知らずの方々のご意見をうかがっても、ありがたいことに評判は上々だった。

c0236929_10342320.jpg


季節も秋の終わりということで、日本大通りの銀杏も紅葉が美しく、通りでは毎日スケッチをしている絵画グループの姿が窓から眺められた。
ここは、官公庁で人通りは割合に少ないと人づてに聞いていたが、なんのなんの文化的な雰囲気にあふれ歴史を感じさせる街並みに人がひきつけられて、落ち着いた中にも活気のある横浜であった。

c0236929_10412175.jpg


このブログをおかりして改めてご高覧いただいた方にお礼を申し上げます。
by papasanmazan | 2012-11-29 10:43 | 展覧会 | Comments(0)

パリの美術館で。

c0236929_17461128.jpg


三日間ほど家内とパリの美術館を観るのに出掛けてきた。私は一人で昨年もルーブルやオルセーなどを訪れたが、もうこの年齢になるとパリ自体の観光などということもなく、見たいと思う美術館も、また作品も限られてくる。好奇心が少なくなったのかなと思うが、いいものだけで十分だとも思えてくる。

相変わらずモナ、リザの前は人だかりだが、やはりこれは最高級のなかでも最高のものだと思う。他の作品、たとえば対面して展示されているヴェロネーゼのカナの饗宴などに比べると全く小さな絵であるのにもかかわらず、このモナ、リザの存在感は比較にならぬ程大きいものである。この絵だけは充分に時間をかけてみる価値があると思う。若い頃だったら終日でも観ただろうが、今はほぼ午前中いっぱい位の時間が限度である。それでも長く観ればみているほどその空間の存在に気づかせてくれる作品である。

いつもル−ブルに行くとまっ先きにモナ、リザの前に立ってしまって,その後に他の絵画作品を見ようとしてもなんだか興味が薄らいでしまってしかたがなくなっていけない。今回もあとはニケとミロのヴィーナスの彫刻のほうに回ってしまった。これらも超一級である。永遠の芸術である。もうこれらに触れるだけで至福感にいたってしまうが、足も疲れてくる。ミケランジェロの奴隷の前に置かれた椅子に二人とも座り込んでしまった、

久しぶりにチュイルリーの公園で昼食。ここもあいかわらず同じようにサンドウィッチなどをほうばるカップルやサラリーマンなどでにぎわっている。目の前にはマイヨールの彫刻がある、やはりパリは美術品が豊富で、雰囲気が贅沢である。昼食後に家内はロダン美術館に廻ったが、私は再びルーブルに戻って二時間ほどフランス彫刻の作品をデッサンした。リシュリュー館の一階はかつてマルリーの森を飾った彫刻群が乱立している。他の場所に比べて人が少ないので、以前からここでよくスケッチして過ごすことにしている。

二日目はオルセーとオランジュリーの近代美術だけで満足だった。ほんのちょっとしたヴァカンスだったが、パリは私たちにはこれで充分である。アヴィニョンとパリの間のTGVは行きも帰りも速かった。

by papasanmazan | 2012-10-01 17:43 | 展覧会 | Comments(0)