人気ブログランキング |

2013年 05月 30日 ( 1 )

キャロンの松並木(完成)

c0236929_3505132.jpg

             第一段階



c0236929_352630.jpg

               第二段階



c0236929_353856.jpg

               第三段階



c0236929_3551477.jpg

               完 成
        


キャロンの村に入る街道筋の両側にずらーっと松並木が続いている。かなり古い並木で防風や、夏の光を遮る役目をして,昔から人々に有難たがられていたのだろう。その松並木を遠くから見るとまるで日本の浮世絵の景色のように見えて面白い。

広重などの浮世絵が印象派に与えた影響はよく知られているが、あの日本版画のフォルム感というものがどこまで理解されているかは疑問だと思う。いわゆる目新しさ、好奇心という観点が強いのだろうが、日本の伝統からくる根強いフォルムが西洋の絵画に生かされているとは思われないのである。

ともあれキャロンの松並木を描いてみた。以前にもM10号の横長のキャンバスに描いてみたのだが、今回はもっと細長く、60×30センチの画面にして松の木のフォルムのつながりを強調してみたつもりである。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
by papasanmazan | 2013-05-30 03:41 | 風景画 | Comments(2)