人気ブログランキング |

2012年 02月 11日 ( 1 )

農家とヴァントゥー山(第一段階)

c0236929_19475658.jpg


猛烈な寒さの続くフランス、テレビのニュースでも連日各地の被害が報道されている。今年は大統領の選挙戦だが,それ以上にこの厳寒が大きな問題になっている。少しくらいの寒さなら充分に着込んで外での風景制作を続けるのだが,この何週間かはさすがに室内の静物画が多くなっている。

そんな中、陽がうんと高くなったときを見計らってサムホールの小さなキャンバス(22.7×15.8㎝)にヴァントゥーを背景にした畑の中の農家を描いている。丸い小さな建物が面白く以前から描いてみようと思っていた、

こういった建物が自然と上手くマッチしているのが大変に有り難い。そこに生活そのものがあるからだろう、「つくりもの」という感じがしないのである。寒さの中で春を心待ちにしている人たちがきっとその建物の中にいるのである。

画面にははそういう感情や心情、またセンチメンタルな気持ちなど一切持込むつもりはない。しかし描いている途中、少し退がって全体の画面を確かめていると,かじかんだ指を暖めながら,いやでも冬の寒さが身にしみるのである。


by papasanmazan | 2012-02-11 19:45 | 小さな絵 | Comments(2)