人気ブログランキング | 話題のタグを見る

杉小立(4)


杉小立(4)_c0236929_11230808.jpg

昨年の12月に杉小立(3)を投稿してその後、もっと冬のさなかに(4)を描こうと計画していた。(1)からずっと春夏秋冬と季節の折々を盛り込んできたようなことになる。杉木立そのものの姿は変わりはないが背景の山や木々の色どりを変えてそれが画面にどのように変化を加えるのかもみたかった。

(1)から(3)まではキャンバスもPやMの横長の形を使っていたが今回はFサイズでゆったりとしたものを選んでみた。油彩の場合ほとんどがFサイズで描くのだが、モチーフや対象物によってP,Mも使うことになる。今回の(4)は画面の向かって左の空間をあまりとらずに杉の木立のつながりだけを収めながら、上部のい背景の面積を多くとってその色彩を強めていこうと狙っていた。それでFを選び大きさは15号である。

制作の時間は今までのキャンバスの中では一番小さい割には非常に長くかかった。途中少し手を焼いたようなことにもなったが描かれたものには密度が加わったように思われる。やはり制作の回数をこなすことによってその内容も重みが加わってくるのかもしれない。何事も勉強である。


杉小立(4)_c0236929_15162587.jpg
杉小立(1)

杉小立(4)_c0236929_10023916.jpg
杉小立(2)

杉小立(4)_c0236929_11451031.jpg
杉小立(3)

杉小立(4)_c0236929_11230808.jpg
杉小立(4)



by papasanmazan | 2024-02-04 14:38 | 風景画 | Comments(2)
Commented by ono7919 at 2024-02-05 14:25 x
いいですね!普通に見ていてもさほど興味がわかない杉木立だが、こうして画伯の目を通して拝見すると、杉木立もいいモチーフに見えて来るから不思議です。この4作のように四季折々の変化と画伯の内なる進化で、画面が一段と充実し絶えず新鮮に満ち溢れる作品を拝見できワクワクしています。。
Commented by papasanmazan at 2024-02-08 21:55
ono7919 さん、最初に見て関興を得、そのあと自分の制作に取り入れていくモチーフというものも一度で終わってしまう場合もあれば次から次へと制作意欲が高まっていく場合もあります。連作といっても意識してできるものではなく、自分の素直な気持ちをそのままにしていけば十分な発展が期待できると思うのです。
<< 浴女像(3) 浴女像(2) >>