人気ブログランキング | 話題のタグを見る

モルモワロン風景


モルモワロン風景_c0236929_11180645.jpg


最近のことだが、家の事情でもう一度アトリエを整理する機会があって、ずいぶん前からため込んでいた古い作品を見直すことになった。木枠からはずしたキャンバスが巻いた状態でかなりの数が残っている。

ほとんどがフランスでの32年にわたる油彩作品で、どれもなつかしく見直したりしているのである。しかしじっとよく見ているとなつかしいだけではなく、なんとなく新しい造形意欲もわいてくるのである。この作品はもっと新しくやり直せるとか、違った狙いが可能だとカ、トーンの変化、色彩の手直し、構成の省略、その他見ているときりがなくなるほどである。

現在日本にいて、フランスの実景には接することはできないが、どうにかこの古い作品を資料と考えて新しいものを試すことは出来ないものかと思案した。その結果が水彩画である。以前から水彩を沢山試すべきだと思っていたのが、こういう機会にもめぐり合ってきたのである。

まずはとにかくよく通って描いたモルモワロン風景である。



by papasanmazan | 2023-10-09 17:10 | 水彩画 | Comments(2)
Commented by ono7919 at 2023-10-12 15:33 x
いいですねぇ~ 何度も通われたであろう現地の風景は体にしみこんでいる事でしょう…過去の作品から進化された今の目で感じ想像していく。画伯のイデアが新たな形で表れてくることを楽しみにしています。
Commented by papasanmazan at 2023-10-13 10:14
ono7919 さん、こういうかたちで水彩画を続けてみたり、旧作をもとにして新しくやり直してみる、またそれらを総合して自分の新しい姿をつくりあげていく、こういうことを何度も考えてみたのですが、ご意見を伺ってありがたかったです。おそらく何らかの形が出てくるような気がしています。
<< セーヌのほとり(リメイ付近) 竹林(4) >>