人気ブログランキング | 話題のタグを見る

背戸山からの富士(夏)




背戸山からの富士(夏)_c0236929_11183988.jpg


雪に覆われた背戸山からの富士を昨年の冬に描いた時から、今度は夏の赤い富士を同じ場所から描いてみたいと思っていた。
午前の時間の光を狙っていたのだが、忍野富士や蓮池を描くのに時間がとられ、その上に天気が悪くて肝心の富士の見える日が少なかったりして、なかなか背戸山まで登ることが出来なかった。ようやく夏も終わろうかという八月下旬から描き始めた。

今回は大きな画面はこの次にまわしてP6号の比較的小さなキャンバスを選んでみた。あまり富士山を主題にして戸外で制作するのに、10号以下の大きさは考えていなかったのだが、日数的なことも考えてのことである。そういえば風景画であまり6号や8号などの手ごろな大きさというものを描いたことがなかったので、かえって新鮮な気持ちで描き始めたのである。

思っていたよりもずっとP6号の大きさにかかわらず充実した連続の日々だった。何か一枚のキャンバスの中に自分の全神経が吸い込まれるような気持ちで制作を重ねていけたのである。いつものような20号や15号といった大きな富士とはまた違った、よく引きしまった富士が現れてきたような気がしている。今後の一つの指針になるのかもしれない。

by papasanmazan | 2022-10-14 08:19 | 風景画 | Comments(2)
Commented by ono7919 at 2022-10-16 20:24 x
画面で拝見しているとP6サイズとは思えないですね。裾野の広がりとギュッと引き締まった赤い富士が素敵です。
Commented by papasanmazan at 2022-10-24 11:01
ono7919 さん、今までは富士山の場合、15号以上が多かったのですが、初めて10号以下のものを描いてみて、これはこれでいけそうだと思い始めました。あまり小さいものはやはり想像できませんが、6,8号くらいなら何とかいけるかもしれません。
<< 竹林(1) ケイトウ >>