人気ブログランキング | 話題のタグを見る

赤松




赤松_c0236929_09452998.jpg

30年以上のフランスでの生活に終止符を打って日本に戻ることを決めた時にまず考えたのは制作の主題を富士山に見据えることだった。なんといっても若いころに描いた富士の山の容姿が忘れられず、またフランスで体験したヴァントゥー山やサン・ヴィクトワール山からの延長としての山岳制作の面白さを日本でも味わいたかったのである。

それを踏まえて現在の地に住み始めたのだが、思っていた以上に自然の恵みの多い場所だった。とにかく森に囲まれていて、そこに発見したのは赤松と溶岩樹型の多様さだった。どちらも自分の制作の体質に合っているのがすぐにわかった。

富士や溶岩樹型の制作の方が今のところ先行しているが、何とか赤松も自分のものにしてみたいと色々試みているところで、今回はF20号に赤松の直立している林を描いてみた。その姿も美しいが、樹間としての全体感も今後の課題になっていくのではないかと思っている。

by papasanmazan | 2022-06-15 02:15 | 風景画 | Comments(2)
Commented by ono7919 at 2022-06-22 15:56 x
何でもない赤松の林の美しさが直に感じら 画伯の赤松のシリーズのなかではこの作品が一番好きです。
Commented by papasanmazan at 2022-06-23 15:58
ono7919さん、赤松に囲まれた富士山麓での制作は何か大きな夢を見させてくれるような気がしてなりません。宇宙に飛び立ったり、現実離れしたようなものを映画の中に求めたりするような現代感とは全くかけ離れた、透明で澄んだ感覚が実現できるのではないかと希望がわいてきます。
<< カンパニュラ。 紫蘭。 ベゴニア >>