人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラナンキュラスとアネモネ




ラナンキュラスとアネモネ_c0236929_12012702.jpg


ようやく春になってきたと思ったとたんにまた雪である。富士山麓に今年は三度雪が積もって、そのたびに車を出すのにも雪かきをしなければならなかった。雪国の苦労が初めて分かった次第なのだが、4月の1日にまたもや雪である、これがエイプリルフールならまだしもだが、目の前の我が家の庭は真っ白で、こちらの気持ちも真っ白になる。

そういいながらも花屋の店先には明るい色の花が並びだして、これはパステルを用意しなければと思っていた。ちょうどサロンの日当たりのいいところにラナンキュラスとアネモネの花が咲いている。いつものグレー地の紙を水張りしてイーゼルに立てかけて描き始めた。軽い辺りをつけながら柔らかい色をおいてゆく。ラナンキュラスの濃い赤とピンクに対照させながらアネモネの白を表現する。

こういった花のパステル画では案外葉っぱの扱いにてこずるものである。とくにこの絵のような細かい葉はできるだけ軽くかいたほうがよさそうである。花も描き込み、葉も描き込んで両方から密度を上げてゆくと息のつけない画面が出来上がってしまう。

by papasanmazan | 2022-04-01 12:41 | パステル | Comments(2)
Commented by ヤマセミ at 2022-04-10 21:23 x
まあ~かわいい アネモネの表情が全体をを生き生きとさせ春ですね~素敵です。
Commented by papasanmazan at 2022-04-13 03:30
ヤマセミ さん、こういったパステルは自分でも少し息抜きと言っては悪いのでしょうが、楽しいものです。これからは春本番、何か心の軽やかになるような花の絵も描いてみたくなってきます。
<< 忍野富士 二十曲峠 >>