人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バルーの風景




バルーの風景_c0236929_19391922.jpg


まとまった形をとどめるお城を中心にした小さな村、バルーの風景もたびたび描いてきたが、何年か前にバルーの古典的風景という題名で作品にしたものもある。その時のブログにはプロコフィエフの古典交響曲の事などを話題にしたことを覚えている。

その同じ風景をF12号のキャンバスにもう一度描いてみた。風景から受ける感じはやはり落ち着いて、静かなたたずまいの感覚で、垂直、水平のバランスの良さが目立っている。たとえていえばアンリー・ルッソーの素朴な絵にみられる感じである。

色の深さがポイントの一つになる制作で、そのためにいつもの描く手順に透明描法も加えていった。古典的といっても何も暗褐色を主調にするわけではなく、あくまで緑の深さであり、青の、背後にまで透る空間である。

by papasanmazan | 2020-08-02 15:16 | 風景画 | Comments(0)
<< ボーセの村 ピシェと果物 >>