人気ブログランキング | 話題のタグを見る

白い容器





白い容器_c0236929_19150608.jpg


以前からの課題でもあるし、好きな画材でもある水彩を試してみる機会がこの頃は増えてきた。コロナウィルスであまり外で自由に描いたり出来なかったので、室内での水彩による静物画や、自宅近くで手軽に持ち運べる道具での風景画などを集中して制作してみた。

白いホーローの容器と梨やオレンジを組み合わせて一枚描いてみた水彩の静物画である。風景画ほど淡彩的な扱いではどうも静物画が成り立たないので、以前からこの表現の方法が定まらなかった。

今回のこの水彩でようやく色彩を使いながら形を決めていく方法が定まってきた。この経験は本当にうれしかった。一つ何かが開けたような感じがする。

by papasanmazan | 2020-05-19 18:26 | 水彩画 | Comments(2)
Commented by ono7919 at 2020-05-23 14:56 x
制作に対し常にどん欲に 立ち止まる事無く自らの中から切り開いてこられた画伯。水彩画の新たな世界を見出されたようで楽しみです。
Commented by papasanmazan at 2020-05-26 07:55
ono7919さん、今までよく水彩でやってきた風景画だけではなく、ここに静物も加わってきたらと常づね考えて来ていました。ようやくそれが見つかってきたような気がしています。こういうのって、そんなに遠くにあるものではなく、本の自分のの周り、自分自身のなかに踏み込んで探り当てないといけないものなのでしょう。
<< バルーの大きな松、再加筆 ラディッシュと玉ねぎ >>