人気ブログランキング |

ラディッシュと玉ねぎ





ラディッシュと玉ねぎ_c0236929_19151534.jpg


ラディッシュ(仏、ラディ)と玉ねぎを選んでP10号の静物画を描いてみた。フランスではラディは葉っぱのついたまま売られていることが多く、赤と緑の対比がきれいで、かわいいモチーフになる。玉ねぎの色と合わせるとなかなかカラフルになっていい。

P10号のキャンバスはさほど複雑な構成にはむかないほどの大きさだが、今回の静物では二つの布をからませながら野菜や、青いビン、茶色のホーローの容器などでかなりの重さのある画面になったと思う。

この構成が最初からの意図で、白い布の角度とか、赤い線とラディの響き、その他全般に視線の配りに気をつけながらの制作になった。以前ならP10号位のキャンバスだと気楽に描き始めていたものだが、年齢とともに一枚、一枚の制作を大切にするようになってきた。

by papasanmazan | 2020-05-16 23:23 | 静物画 | Comments(2)
Commented by ono7919 at 2020-05-23 14:34 x
素晴らしい作品ですね。拝見していて心の中が充実してくるそんな満足感があります。自然なのにどこか一か所でも欠けようものなら緊張が解けてしまいそうな全体感。それが意図的な構成であれ細部まで行き届いたバルールと筆の運びの妙に見れば見るほど目が奪われ これが芸術なのだと再認識しています。  
Commented by papasanmazan at 2020-05-26 07:50
ono7919さん、おこがましいようですが、やはり自分なりの芸術というものを目指したいものです。どこかにそういった確固としたものがあるのでしょうか、あるいはプラトンのイデアの世界なのでしょうか、何か夢にまで見てしまいそうです。
<< 白い容器 小さな壺と野菜 >>