人気ブログランキング |

サントン人形と果物





サントン人形と果物_c0236929_22592884.jpg


南フランスの郷土工芸のサントン人形と果物を組み合わせてF8号の静物画を描いてみた。プロヴァンスの名物であるサントン人形はクリスマスのクレッシュの飾りにする人形であるが。単体でも家庭の置物でよく見かけられる。サントン人形だけを扱った店もあるし、町の蚤の市などでもよく売られている。

我が家にも四つのサントンがあるが、いつも老婆の人形を静物画に使っている。蚤の市などで探してもなかなかいい人形が見つからず、また他のものでも絵のモチーフになるようなものがないかと見まわすが、たいていはガラクタばかりである。

画面の動きを第一に考えてモチーフを組んでみた。普通なら背の高い人形を左側に持ってくるところだが、少し心理的な動きを考えてあえて右側に置いてみた。人形の顔の傾きと両方の肩の高さの違いで人形自体がむかって右から左へ視線を送るようにして果物につなげていければ、という感じである。少し派手な色合いになったが、軽みのある画面を心掛けた。



by papasanmazan | 2019-09-18 08:08 | 静物画 | Comments(2)
Commented by カワセミ at 2019-09-21 15:48 x
背景の布から流れ出たように梨やザクロの赤がとても可愛いです。老婆の人形がさりげなくいい味わいを醸し出してすてきです。
Commented by papasanmazan at 2019-09-22 15:20
カワセミさん、特に赤色にこだわるわけでもないのですが、なぜかこの色を使うと自分の気持ちも落ち着くし、画面としてもリズムがつかみやすくなってきます。あまり一つの色だけに頼るのもどうかとは思っているのですが。
<< バルーの城 赤い森 >>