人気ブログランキング |

白い道とヴァントゥー山






c0236929_02512463.jpg


我が家から少し歩いた見晴らしのいい公園から、広がったヴァントゥー山を背景にマザンの教会や村の景色を見渡すことが出来る。手前にはブドウ畑が広がり、人家が点在している。そのあいだを白い道がくっきりと曲線を描いている。そんな風景を油彩や水彩、パステルで何枚も描いてきた。

これも一つのシリーズになったような画題だったが、残念なことに最近この風景が整備され過ぎてきて、この白い道が目立たなくなってきた。曲線も途切れるし、舗装された道は以前の白さがなくなってしまった。制作の意欲もそがれてしまったのである。

ところが昨年、家内がこの地域の環境清掃の活動に参加した時に新しく絵の題材になりそうな場所を見つけてきてくれた、さっそく見に行ってみるとヴァントゥー山はもちろん、手前にはなだらかな丘にオリーブの林が広がっていて随分のどかな景色である。しかもその丘に一本の白い道が見えている。車が通ると白い砂煙が舞い上がる昔ながらの白い道である。

今年の夏になってからこの風景に挑戦してみた。ちょうど木陰があって、涼しいところにイーゼルを据えられた。P15号の油彩である。

by papasanmazan | 2019-08-10 12:13 | 風景画 | Comments(0)
<< 白い道とヴァントゥー山(水彩) 赤いソース注し >>