人気ブログランキング | 話題のタグを見る

赤いソース注し



赤いソース注し_c0236929_02511388.jpg

少し描きこんだ水彩を一枚制作してみた。鉛筆に淡彩をほどこしたものなども軽やかな味があっていいが、水彩でもかなり描き込んだものも時々はやってみたくなる。いつも水彩の絵の具と鉛筆は併用するが、表現が足りないと思うと鉛筆で形の当たり直しや、動きの強調をつけたりして、その後また絵の具の重なりが入ったりする。だんだんと本来の水彩の表現からは遠ざかるかもしれないが、構成力は出来上がってくる。


それでも常に地の紙の白さは保つように考えている、その白さでもって全体の明るさを出していきたいからである。それが無理ならそこからは油彩の範囲になっていく。これはまた違った制作物である。


今回はまず赤いソース注しをモチーフにして、それに野生のリンゴと梨を加えた。それに高さの意味で青い小さなビンも置いてみた。この時期にはいつも野生の果物をモチーフにするが、リンゴなども手のひらに入るくらいの大きさで、それでいて色はきれいで形もさまざまで面白い。梨と組み合わせると何点でも描けそうな気持ちになる。



by papasanmazan | 2019-08-07 19:00 | 水彩画 | Comments(0)
<< 白い道とヴァントゥー山 赤い岩 >>