ベル・ヴューからのヴァントゥー山



c0236929_03343626.jpg


今年の八月末に新しい制作の場所を見つけた。といっても以前に何度か探しに来ていた所なのだが、そのたびに余りに雄大すぎて,とても絵にまとめ上げることが難しいと思っていた。眺望はすばらしく申し分ないのだが、こちらの腕が足りなかったのだろう、今年もう一度見なおしてみて、非常に制作欲に駆られてきたのである。


ベル・ヴューという地名や名前は美しい眺め、といった意味で、どこにでもお目にかかるが、ここはベル・ヴューというキャンピング場で、高台の一番上のところにある、したがって眺めはヴァントゥー山を真正面にすえて四方、八方、真に素晴らしい。特に山裾の傾斜が畑につらなってくる流れが魅力的なのである。以前はその当たりが良く理解できていなかった。


午前にF20号、午後少し位置を変えてM15号を制作していたのだが、他の作品との関係もあって今年は午後の分だけが完成した。横に細長いキャンバスで、全体のパノラミックな感じを出してみたかった。



秋の個展のご案内☞ https://artakaya.exblog.jp/29771643/ 








[PR]
by papasanmazan | 2018-10-14 16:10 | 風景画 | Comments(1)
Commented by ono7919 at 2018-10-23 21:17 x
すごいですね~ 眼下に広がるパノラマがそのまま画面に収められ その場の空気が直に体に飛び込んできます。写真とは違ったこの臨場感は画伯の気迫そのものなのでしょう。
<< ゴルビオの村 サン・ピエール・ヴァッソルの村 >>