サン・ピエール・ヴァッソルの村


c0236929_23364002.jpg

モデーヌの村に隣接したところにサン・ピエール・ヴァッソルという、これも小さな村がある。どちらも素朴で南仏らしいたたずまいの美しい風景を見せてくれる。先日投稿したモデーヌの村というサム・ホールの絵とともにこれも小さなF0号のキャンバスに、手前に大きな農家を取り入れて、村を遠望したところを描いてみた。

この構図は以前にも描いたことがあるし、もっと上から60号大のサイズで制作したこともある。その頃は手前の農家が改築される前で、もっと風情があったように思う。今は屋根や壁が新しくきれいになって、住むのには改善されていいのだろうが、絵の題材としては前のほうが趣があった。

しかし奥に見える村はいつもどうりの優しい姿を保ってくれているのがうれしい。


秋の個展のご案内☞ https://artakaya.exblog.jp/29771643/ 







[PR]
by papasanmazan | 2018-10-10 18:43 | 小さな絵 | Comments(1)
Commented by ono7919 at 2018-10-23 20:51 x
この作品を拝見するたび 画面から音が消え不思議な境地に入り込んだような えも言われない気持ちになります この気持ちはは何だろう…この絵すきです。
<< ベル・ヴューからのヴァントゥー山 バルーの松林 >>