人気ブログランキング | 話題のタグを見る

三つのザクロ

三つのザクロ_c0236929_16293524.jpg


ザクロを初めて描いたのは20歳代の後半だったが、もう40年も秋になるとこの題材を描いていることになる。あるときは木になっている赤い実を、あるときは静物画のモチーフとしてあきずに描いている。

絵画の空間ということが理解できはじめたのがザクロの枝と実と葉っぱ、それを取り囲む空間、その構成でかなりの数の油彩を描いた時であった。現実の私たちがいきている空間、それと絵画の空間とは違ったものであるということが分かったのである。

それから以降は絵を描くことの意識が変わりもし、美術館で絵画を観たり彫刻に接したりする時にも集中度が深まって絶対的な面白さがあじわえるようになったと思う。

今回はF4号の比較的小さな画面に三つのザクロをモチーフに、白い皿と、最近手に入れた渋い柄の布を合わせて描いてみた。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
by papasanmazan | 2015-09-15 16:27 | 静物画 | Comments(2)
Commented by カワセミ at 2015-09-18 20:55 x
5~6色の色が入り乱れながら絵が完成すると、あるものは柔らかな布にあるものはカチッとした机に、そして主役のザクロが堂々ところがっている。まるで色が演じるオペラのようですごいな~と思いながら拝見しています。
Commented by papasanmazan at 2015-09-19 08:29
カワセミ さん、この絵については自分でも満足しています。絵の描き始めからほとんどよどむことなく、また気の抜けることもなく、またあせることもなく最後まで平静に制作できました。たまにはこうでないと、と思います。主題のザクロはまずはこのようなものでしょうが、背景の布が大変に気に入っています。これはいい買い物でした。今後の静物画にはたびたび顔を出すことでしょう。
<< オリーブの中の農家 バルーの平野 >>