人気ブログランキング |

カシィの海

c0236929_19302976.jpg


マルセイユからコート、ダ、ジュールへ向かってゆく海岸線の粗い岩肌の一帯にキャランクとよばれる国立公園がある。海の色はエメラルドや深い青で、透明度の高い美しさを保ち、海岸の岩肌や松などと好一対である。

そのキャランクの大きな町がキャシィとシオタで、ともに観光の名所で、特に夏はにぎわっている。シーズンオフの人の少ない時を狙ってシオタに七日間滞在、その内の五日間は天気もよくって制作がはかどった。

F15号のキャンバスに描いたカシィの海である。断崖絶壁から見おろした地中海とカシィの町や岬の風景である。描き終わって気がついてみれば、やはり命あっての物種である、大変に危険な場所であった。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
by papasanmazan | 2015-02-22 19:28 | 風景画 | Comments(2)
Commented by みみずく at 2015-02-26 12:00 x
画伯の作品の骨格を見ているような気がする。このモチーフが今後どのように進化して行くのか 又今までの作品にどのように影響して行くのか・・・画伯の作品を拝見して行く一つの楽しみでもある。 
Commented by papasanmazan at 2015-02-26 18:48
みみずく さん、確かに少し変わり目なのか、考え込むことが多いこの頃の制作です、これも要所、要所では必要なことなのでしょうが、いつになったらドシッと落ち着けるのでしょうか。
<< ヴェネチアの仮面 =カランク制作中= >>