卓上の梨(完成)

c0236929_15132496.jpg


パステルで二つの梨を描いてみた。パステルの性格としては、柔らかく、軽く、トーンが美しい、などがあげられるだろうが、油彩に比べると造型性を追求したり、長く描き込んでいって重厚さを狙っていくということには少し無理なところがある。その点は承知しているのだが、あえて卓上の二つの梨ということにモチーフもしぼり、色彩的なものも最小限に抑え、個々の物の説明なども排して、画面の造型性を主眼にこのパステル画をすすめてみた。

実は他にも油彩で同様の物を二点同時進行しているのだが、これがなかなか悪戦苦闘中である。いわば実験中と言っていいようなものかもしれない。そんな油彩の制作のさなかにあえてパステルでも試してみようとおもいたった作品である。少しこれで油彩の制作に向けて解決したこともある。ただどの程度まで実験が完了するのかいまだに分からないでいる状態である。



=個展のご案内=


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-09-30 15:10 | パステル | Comments(0)
<< 果物籠(完成) クリヨンの村(完成) >>