人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オーゾンの橋(完成)

オーゾンの橋(完成)_c0236929_23431376.jpg



禅の世界で碧巌録という書物があって、無門関という本とともに参禅者には二大教科書ともいえるものである。ともに禅の大宗匠にちなむ逸話などにあるいは解釈があたえられ,あるいは讚が寄せられたりして、それらをもとにして自分の意識の深いところを探っていこうとするのである。ちょっと読んだところでは難しくて何がなんだか分からないようなところもあるが、しばらく続けているとほのかな明かりが見えてくる。禅の世界に限らず、自己鍛錬にもいいかとも思われる本である。

その碧巌録の第五十二則にこういう話がある。趙州というところには立派な石橋があってそれで有名な場所である。そこにこれも有名な従諗(じゅうしん)という和尚が居て、一般的には趙州和尚という通り名で呼ばれている。あるとき若い修行僧がこの趙州の地に通りかかり、かねてから聞いていた有名な石橋を探したがどこにも見当たらない、あるのはぼろぼろの木橋ばかりである。そこでその修行僧は趙州和尚に問答をふっかけた。この問答をするというのは若い相撲取りが横綱の胸をかりて稽古を付けてもらうようなものである。

趙州はかねてから石橋で聞こえたところであるが、ただの木橋があるだけではないか、と。趙州答えて曰く、お前には石橋が見えぬのじゃ。僧がまた尋ねる、それではその石橋とは一体何なのだ、趙州答えて、ロバも渡す、馬も渡す。

こういった話である。私もオーゾンの小さな石橋をF12号に油彩で描いてみた。誰かにオーゾンの石橋とは何かと尋ねられたら趙州和尚にならってこう答えてみたい、色もあるし、形もある、と。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
by papasanmazan | 2014-05-10 23:39 | 風景画 | Comments(2)
Commented by ono7919 at 2014-05-12 22:41 x
問答のやりとりは難しいけど・・・オーゾン川にはこんな橋もかかっていたんですね~。フランスは何でもないところまでオシャレですね。いや!この画面がオシャレのかも・・・
Commented by papasanmazan at 2014-05-13 13:53
ono7919 さん、ごく普通の橋です。オーゾンの川自体がほんの小さな川ですし、描くには手頃かもしれません。
<< 椅子と楽器(完成) いちご(完成) >>