人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オーゾンの丘(完成)

                
               第一段階
オーゾンの丘(完成)_c0236929_21513193.jpg

         
              第二段階
オーゾンの丘(完成)_c0236929_21522119.jpg


                完 成
オーゾンの丘(完成)_c0236929_21525333.jpg


このところオーゾンの村の近くにもよく出かけている。その辺りの畑や丘を何枚かの小さなキャンバスに手がけているが、これもその中の一枚、F5号の丘の絵である。F5号というのは日本では珍しいサイズで、ほとんどがフランスサイズのキャンバスになる。

以前よりも小さなキャンバスを選ぶことが多くなっているが、その意図として画面の密度をもっと上げることを考えているためである。今までの制作を考え直してみるとどうもまだもう一つ漫然とした感がある。全体を総合的に進めていくのはそれでいいのだが、その中で密度の高まりをもっと意識するべきだと気づいた。その結果いつもより少し小さめのキャンバスに描くことにしてみている。

決して手抜きの画面を考えているのではなく、凝縮された表現を自分のものにしたいと、一つの改革をめざしている。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
by papasanmazan | 2013-04-13 21:50 | 風景画 | Comments(2)
Commented by みみずく at 2013-04-15 19:57 x
最近の作品を拝見していると 又一つ扉を開いた感がある。人工物が長い年月を経てその地にすっかり溶け込み自然の一部分になっていくような そんな感じのしっくり感が画面上でおきているように思う。それはどう云うことなのか・・・絵に対する思いが又一つ昇華され画伯自身が自然の一部分になってきたとでも云うのだろうか・・・
Commented by papasanmazan at 2013-04-16 01:48
みみずくさん、何か自分でも道が開けてきたような感じはあります。もっと鍛錬して確実にその何かをつかんでいく、行っていくべきことが分かってきたといえます。
<< オーゾンの野(完成) 青いリンゴとカップ(完成) >>