アーモンドの花の頃

c0236929_22572632.jpg


三月になってどこからともなくかすかに漂ってくる花のにおい。あちらからもこちらからもアーモンドの白やうすいピンクの花が顔をのぞかせてくる。と思っているうちにもう満開になっている木も出てきて、春の到来である。

ニュースではフランスの北部が時ならぬ大雪に見舞われて、幹線道路が通行出来ず、飛行機もかなり間引き状態、停電の住民に寒さが押し寄せているとのことだが、南仏だけは晴れている。有り難いことに戸外でパステルを描きおえた

家の眼と鼻の先に古いおおきなアーモンドの木がある。もう今までに何度か描いてきた木であるが今年もこれをパステルにしてみた。落雷でかなり痛んだ大木ではあるが毎年この木が一番先きに花を咲かせる。春の訪れを告げる嬉しい木である。

今年は436×285㎜の大きなパステル画である。



にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2013-03-13 22:55 | パステル | Comments(0)
<< 松樹間(完成) ギリシャの壷と菊の花(第一段階) >>