庭のクロッカス

c0236929_22262586.jpg


毎年冬から早春になろうかという今頃、きまって庭のおなじ場所にクロッカスの花が咲く。黄色の小さな花で,知らぬ間にもう春が来るのだなと思い起こされる花である。描こう、描こうと思っているうちにすぐに季節が変わってしまって、もうすぐにアーモンドの花が咲き始める時期になる。

今年はちょうどタイミングよくパステルにすることができた。といってもいちど咲き始めた花が寒さの戻りで凍ってしまってダメになったが、そのあと新しいのが咲き始めてくれたのでなんとか間に合ったのである。

切り花と違って自然の中の花は又何とも魅力がある。花だけではなく土や葉っぱ、まわりの雑草までが一つの世界を形づくっている。室内で静物画としての花を描くのとはあじわいが違う楽しさである。

[PR]
by papasanmazan | 2013-03-03 22:25 | パステル | Comments(0)
<< 肘をつく裸婦 木立ちと畑(第二段階) >>