リンゴとカップ(完成)

c0236929_21524431.jpg


ちょうど制作の途中の段階がインターネットの繋がらない時に重なって、完成作品になってしまった。そういうと随分らくに出来上がったように聞こえるかもしれないが、サムホールの小さな絵とはいえかなり変化のある制作段階であった。

とにかく実在感がほしかった。机のうえに根をはやしたようなリンゴとカップを、手に取ってみて重さが伝わってくるような小さな静物画をこころがけたつもりである。表面的な美しさにはアキアキしているところである。

[PR]
by papasanmazan | 2013-02-05 21:51 | 小さな絵 | Comments(4)
Commented by みみずく at 2013-02-06 19:35 x
久しぶりに画伯の作品がかえってきた。サムホールの小さい作品ながらこの作品は随分見ごたえがある。机に根を生やしたような・・・まさに絵としてのゆるぎない存在感と内なる美しさを存分に発している。今年も画伯の制作から目が離せなくなりそうだ。
Commented by papasanmazan at 2013-02-07 00:22
みみずくさん、制作は少しずつ前進していると思います。ただ時間は限られているので色々計画はあってもなかなか思うようにはいきません。一つずつ解決していくしかないのでしょう。
Commented by nonno at 2013-02-08 10:38 x
しばらく更新されないのでご無沙汰していました。この作品完成していたのですねヽ(^。^)ノすてきです。プロヴァンスの教会に響き渡るパイプオルガンの音色のようにしっくりと色が画面に響き渡っているようで見入ってしまいました。
Commented by papasanmazan at 2013-02-08 16:02
nonnoさん、インターネットのトラブルが多いのか、我が家に修理に来た車をこの付近でよくみかけます。この制作の途中が途切れて残念でした。
<< 裸木と家(第一段階) 黄土と松(第一段階) >>