<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏のヴァントゥー山

c0236929_1858555.jpg



水彩で、まわりが緑でおおわれた夏のマザンの村とヴァントゥー山を家の近くから描いてみた。冬は茜色に染まるヴァントゥーの山肌も夏になるとさすがに農いい緑があちこちに見られてくる。
しかしその濃いい緑や、冬なら冬の茜色にこだわり過ぎると駄目である。これはあくまで画面であって、自然とはおのずと別物である。たったこれだけのことを制作の時の自覚として持ち続けるのがどれだけ大変なことか。

内面のリズムをつちかって、それを水彩なら紙の上に表現する、単純な手仕事ではあるが非常に難しいことである。しかし一つ一つの制作の積み重ねでようやくこのごろは自由を感ずるようになってきた。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2016-07-29 18:44 | 水彩画 | Comments(2)

ドン・ジョン(小さな塔)

c0236929_16443939.jpg


ロワール川の流れに沿って時代、時代の城が残されて今も多くの人々の目を楽しませてくれるのだが、そのような観光的なものだけでなくてもフランスのあちらこちらで古い城を見ることが出来る。城の建築や歴史に興味のあるひとにはこれも一つの楽しみだろう。

その城でよくみかけるのが小さな塔、ドン・ジョンである。城によってはいくつも、いくつもドン・ジョンが建っていたりする。どのような役目があるのかは知らないが、構成的にも絵の題材になりそうで、何か現代とは経だたった雰囲気もある。

そういった城に付随するドン・ジョンだけではなくマノワと呼ばれる大きな家や普通の農家にでもドン・ジョンが残っていたりもする。それらになんとなく歴史を感じるのもフランスの風土の魅力である。

いつも制作にかよっているバルーの城の近くのブドウ畑の中に、小さな森に囲まれた家と小さな塔を見つけたので、これも小さなF4号のキャンバスに描いてみた。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2016-07-24 16:41 | 風景画 | Comments(2)

ヒマワリの花

c0236929_18491018.jpg


毎年夏になるとヒマワリを描く。今年もこれが二枚目になるパステルのヒマワリで、五つの花と緑の色を添えるといった意味で葉っぱをくわえている。もちろんその花の茎も大切な垂直の要素である。

花弁が目につくのがヒマワリの特徴だが、あまりその細部にとらわれていてはだめである。一つの花として、そしてそれらの五つの集合が全体の表情として出てくるようにしたい。

それらをうまく配しながら葉っぱをさり気なく使ってみようといつも思っているここが案外難しいところで、ついつい葉っぱまで力みこんでしまう時は失敗に終わるのである。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2016-07-19 18:48 | パステル | Comments(2)

石膏の山

c0236929_19212420.jpg


マザンの村のはずれに500メートル位の高さの小高い山がある。山というより台形の丘と言った方がいいかもしれないが、特徴のある形でよく目立っている。ここは石膏を採掘しているところで、石膏を選りわけた後の土をどんどんと積み上げていった結果がこのような小山になっているそうである。

段々の形が面白く、以前から描いてみたいとは思っていたのだがなかなか良い場所が見つからなかった。ひょっとした時にここを見つけたのだが、右奥にあるヴァントゥー山の面積がせりだしてきて、どうもおさまりが悪く、制作にまでいたらなかった。

そうかといってこのヴァントゥー山を省略した画面もしまりの悪いものだった。そんな時に日本画でいう白描、ほとんど線描きだけでヴァントゥー山を表現することを思いついた。これは初めての試みだったがイケル、と直感した。

その線描きの興味だけが先行したような制作の取りかかりだったが、途中からはやはり石膏の山の段々に集中していった。この方法はいずれ何かに役立っていくと思う。F12号、油彩である。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2016-07-18 19:18 | 風景画 | Comments(0)

キャロンの村

c0236929_1833454.jpg


マザンから車で10分くらいのところにキャロンの村がある。この辺りではかなり大きな村で、ここのイチヂクは名物である。村全体の建物が横に長く広がり、その縦横の構造の繋がりは複雑ではあるが美しい。いわゆる絵になる村といえるだろう。

今まで私はあまり建物だけをあつかった絵というものに興味がなく、建物を取り入れるにしても家の壁や石造りの構造などはほとんどかかないことにしていた。そこに人間の生活があるというような感情移入をしたいとは思わない。

だからどちらかというと村全体を遠望したり、平野の広がりの中にえ点在する集落を描く、ということが多い。このキャロンの村も今までかなり描いてきたが、この角度から横に流れた村の風景と緑の配合が特に気に入っている。今回は小さな水彩で描いてみた。




にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2016-07-13 18:30 | 水彩画 | Comments(2)