<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

楽器と人形(完成)

c0236929_16224787.jpg


二年間アトリエのすみに置いたままにしていたP12号の楽器と人形の絵に加筆し始めたのはつい最近で、これも楽器を扱った、椅子のあるF30号の絵を描いていて急遽思いついたことがあり、P12号にも手を加えだしたのである。具体的に説明するのは難しいが,ちょっとした制作のツメと言おうか,集中の仕方の問題である。細部に取り組むのが今まで少し遅すぎたと最近気がつきだしたのである。

もともと不器用なたちで,日常生活でも細かいことをするのが苦手であるが,絵画制作の上では少しマシになったようである、その分嫌なことを後回しにすることも回避されだし,楽器なども描きやすくなってきた。そういった制作の進歩もこの年齢になりながら、やはりうれしいものである。今後このあたりの制作のアヤを現在考慮中である。

この作品は大きく表現することだけを考えた結果である。途中の段階ではかなり細かいこと,説明過多なところも出たが,大きく,大きくと元へ戻すような気持ちで仕上げたものである。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-04-29 16:21 | 静物画 | Comments(2)

三つの梨(完成)

c0236929_20263818.jpg



果物の静物では梨をよくモチーフに使う。形がなんといってもきれいである。今回も別に頼んだわけでもないのだが家内が梨を買ってきた、それをつかってサムホールの小さな画面に仕立てようと思ったのだが、籠と組み合わせてみたり、皿を利用してみたりなど色々試してみたのだが結局一番単純なテーブルの上の三つの梨になってしまった。

結果としてはこれでよかったと思う。ものの本来持っている美しさだけで充分である、特にこういう小さなキャンバスに余り多くの要素を押し込めていくのは考えものである。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-04-27 20:25 | 静物画 | Comments(2)

=個展のご案内=



c0236929_12565576.jpg

             モルモワロン全景                  油彩 M30号

2014年
プロヴァンスの光と風
12月2日(火)~12月7日(日)まで
横浜 FEI ART MUSEUM 

プロヴァンスの風景を中心に油彩・水彩・パステル約50点を展示します。
広く、落ち着いた空間の会場ですので時間をかけてゆっくりご観賞いただけます。
お気軽にお立ち寄りください。    ✻期間中、作家が来場いたします。✻

c0236929_2375461.gif

c0236929_2373914.gif


FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
電話:045-411-5031 / Fax:045-411-5032
時間:10:00-19:00
休日:月曜・祝日休み  ✻入場無料✻

[PR]
by papasanmazan | 2014-04-21 23:18 | 展覧会 | Comments(0)

赤い岩(完成)

c0236929_042614.jpg


赤い岩が屏風のように連なって細い赤いパッサージュとなって奥へ、奥へと進んでいく,そんな風景である。岩の上には木々が重なり、シダの緑も岩の赤と反応して眼には少し痛いような原色の展開を再びF20号のキャンバス縦型に描いてみた。

大きな骨格、岩と岩との重なり具合、それに赤と緑の対比、単にそれだけを目標にこちらも大きな表現で進めてみたかった。大きな表現と一口に言ってもこれがなかなか至難の業である。ともすると細部にとらわれたり、おおまかな表現にあきたらなくてなにか小細工に走ったりしてしまうのがオチである。上手い表現とは決して小手先の仕事ではないとは分かっていながらつい甘いところにしがみつく,それを絶えず戒めながら制作してみた結果がこの絵である。

いつも思うことだが、こうなれば他人目などはもうどうでもいいことなのだろう,自分としては現在これで完成したと言っておいてよさそうである。大切なのはこの後の作品である,これで良いと思ったあるいってん,一つの確信と言えそうなものをやはりもっと確実に、そしてもっと数多く創り上げることだと思う。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-04-20 00:03 | 風景画 | Comments(2)

丘と果樹園(完成)

c0236929_15322995.jpg


油彩でオリーブの丘を描いている時に左のほうに視線を移すと、いつものブローヴァックの丘がある。そして眼前にはサクランボの果樹園、花が咲いたらパステルでと計画していた絵である。サクランボとマルモールのパステルと同様に近景の果樹園と遠景とを上手く結びつけておかなくてはいけない。しかし遠景がこの絵の場合丘になって途中の畑などのスロープがちょうどそのつなぎの役目になってくれた。

パステルにはパステルの味わいがあって、これもまた楽しいものである。世間一般のパステル調と言えば淡い、色彩のニュアンスが細かいもの、といったところだろうが私も最近は以前よりは淡くなってきたかもしれない。年齢のせいもあるのかとちょっと考えさせられるところである。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-04-19 15:30 | パステル | Comments(2)

赤と緑の風景(完成)

c0236929_17331955.jpg


昨年は黄土の森をよく描きに出掛けていて今年ももう何点か新しく制作するつもりだったのだが、急にこの場所全体が厳重な金網で囲われ立ち入り禁止になってしまった。その以前からバイクの集団や四輪モトでこの美しい自然の中に乗り込んできてメチャクチャに荒らしているのが目立っていた。自然を保護するのにはこうするしかないのだろう、描かれなくなったのは残念だが仕方がない。

黄土と並行して赤土の風景も描いてみたかった。赤い土や岩を主題にするのだが組み合わせ方によって変化のある制作になるだろう。何点かが出来上がればそれで終わり、ということではなく折りにふれて新しい発見のある作品が考えられるのではないかと期待している。

F12号に赤い岩と、それをとり囲む緑、それぞれを半分づつの割合で考えた風景を描いてみた。赤半分、緑半分と、下手をすればどぎつくあくどい表現のものになる恐れがある画面である、なんとかほぼ中央にある白い幹で眼を休めるようにしてみた。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-04-15 17:31 | 風景画 | Comments(0)

ポインセチア(完成)

c0236929_235186.jpg


冬の室内でポインセチアがうすい紫の花をたくさん見せていた。小振りな花なので少し絵に仕立てるのはためらわれたが,一つ一つの花としてではなく植木鉢に咲き誇っているかたまりとして扱うこと,そうすると今度は余り描きたくもない植木鉢をどうするか、これは布でおおってしまうことにした。

その布を使って画面に動きを出すこと、その流動感は縦に流すこと、それに小さなタピを装飾的に入れてみる、おさえとしていつもの好きなカップを置いてみた。総合してP10号のキャンバスを縦に使ってみた静物画である。

花を描くのは気持ちがせわしくって落ちつかない感じもするがやはり美しいものである。かなり描き込んだものになった。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-04-13 23:01 | 静物画 | Comments(2)

サクランボの花とマルモールの村(完成)

c0236929_15174336.jpg



昨年の春はアーモンドの花や木をパステルで描いたが今年はサクランボウの花を描いてみようと思っている。春たけなわであちこちの果樹園はサクランボウの花が咲ききっている。タンポポや道端にはアイリスも顔をみせ、はやくもコクリコもみかけるようになった。そして食卓にはアスパラが登場である。

そのサクランボウの花とマザンの隣村のマルモールの教会を中心にした遠望を組み合わせたパステル一点である。こういう組み合わせの場合、手前の果樹園と遠景の村とのつなぎをよく考えておかないと、上下に分かれてしまってバラバラの印象をあたえかねなくなる。また余りにも上下の関係が近くなり過ぎると、これもまた曖昧模糊な、ふやけたような作品になる危険もある。そういったことなどを頭に置いての制作であった。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-04-06 15:12 | パステル | Comments(0)

岩と松(完成)

c0236929_20362117.jpg


岩と松、それに少しの空、これだけの構成での画面だがようやく出来上がった。非常に乾いた風景である。あるいは無味乾燥といってもいいかもしれない。感情移入する余地がないような景色が目の前に広がっているのだが、私としては大変勉強にもなるし、好きな仕事でもある。F10号の大きさである。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by papasanmazan | 2014-04-04 20:33 | 風景画 | Comments(2)